全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け教室に通うときに脇毛やうなじなどの毛の処理は必要?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/04


評判の良い着付け教室に通い、自分一人で着物を美しく着られるようになりたいと思っている方も多いのではないでしょうか。そんな方の中には、着付け教室に通う前に脇毛やうなじのムダ毛を処理すべきなのかといった不安や疑問がある方も多いかもしれません。 そんな不安や疑問を解消するために脇毛やうなじを処理すべきかを詳しく解説します。

うなじのムダ毛は事前に処理したほうが安心

可愛らしく浴衣や着物を着たい若い女性から上品な美しさを実現したい大人の女性まで、多くの方が着付け教室でレッスンを受けています。独学では学ぶことの難しい着付けの基礎から応用までわかりやすく学ぶことができるのもメリットです。浴衣や着物は、襟元をしっかりと合わせ、はだけないように着ることも美しさを引き出すコツです。

さらに気をつけたいのが衣紋を上手に着こなすことも忘れてはいけません。衣紋部分は、うなじが見える程度に着ることが美しく見せるコツとなっており、着付け教室でも正しい着付け方法をアドバイスしてくれるので、初めて浴衣や着物を一人で着るという方も安心です。衣紋部分からちょっと見えるうなじは、やはり丁寧にムダ毛処理をしたほうが良いと言えるでしょう。

着付け教室では、特にうなじ部分をレッスン前に処理することは求められていません。とはいえ、うなじのムダ毛が綺麗に処理されているか、いないかによって浴衣や着物を着た際の見た目の仕上がりの差は歴然です。女性らしく、さらに可愛らしく浴衣や着物を上手に着こなすのであれば、着付け教室に足を運ぶ前にうなじのムダ毛処理をしておくといいでしょう。

うなじ部分は、なかなか自分の手が届かない部分でもあるので、評判の良い脱毛サロンなどを探し脱毛施術を受けてみることもおすすめの方法です。もちろん、自分でケアすることも可能ですが、一人で処理する際には注意して行うようにしましょう。

脇毛などの処理は行うべきなのか?

着付け教室に通う際に多くの方が気になってしまうのが、事前にムダ毛処理をしていったほうがいいのだろうかといった悩みです。うなじ部分だけでなく、人によっては脇毛や手足、背中のムダ毛が気になってしまうという方もいるかもしれません。

浴衣や着物は、髪の毛をアップスタイルにしなければうなじのムダ毛が大きく目立ってしまうことはありません。また、脇毛や手足のほかにも背中のムダ毛も浴衣や着物から見えてしまう心配もないでしょう。

もし、髪の毛をアップスタイルにしてうなじを衣紋から大きく見せるのであれば、事前にムダ毛処理をしておいたほうが安心です。脇毛や手足のムダ毛や背中のムダ毛は、レッスン中にほかの方の目が気にならないのであれば、特に念入りに処理を行わなくても何の問題もありません。

着付け教室の講師は、女性講師が多くなっており、全国各地にある教室をチェックしてみても生徒においても女性が多いので、男性と一緒にレッスンを受けるところはほとんどありません。最近では、女性向けの着付け教室も日本全国に増えており、口コミでも評判となっています。

また、マンツーマンで着付けを学べる教室もあるため、周りの目を気にすることなく自分のペースで集中してレッスンを受けたいという方も安心して通うことができるでしょう。 レッスンを本格的にスタートする前に体験レッスンなどを受けると雰囲気を確認することができるので安心です。

うなじのムダ毛を整えるメリット

着付け教室では、着物の着方を学べるだけでなく帯の結び方をしっかりと学ぶことができます。レッスン中には、手を上げて着物を着ていく工程もあるため、人によっては脇毛が目立ってしまうこともあるかもしれません。

もちろん、脇毛が目立っていたとしても浴衣や着物を着てしまえば人目につくことはないため、自分で気にならないのであればわざわざレッスン前に自己処理をする必要はありません。 ムダ毛の中でも最も気をつけたい部分といえば、やはりうなじです。うなじは、着物の後ろ姿を美しく見せる重要な部分ともなっており、うなじや襟足を綺麗に整えることで、より美しさを引き出してくれます。

うなじは、評判の良い脱毛サロンでケアすることも安心して試せる方法ですが、このほかにも美容室や理容室でムダ毛を処理してもらうこともおすすめです。着物を美しく着こなしている舞妓さんは、週に1回のペースでうなじ処理をしていると言われています。

うなじのムダ毛を綺麗に処理し整えると浴衣や着物を着た際に美しく仕上がるだけでなく、肌を白く見せることができます。肌が白いと首が細く見える効果もあるため、美しさを重視する方はうなじのムダ毛を処理するといいでしょう。

最も理想的なうなじの形は、Wの形に整えることです。 うなじの両サイドを中央よりも長く整えると首が細く見えるだけでなく、衣紋から見えた肌が美しさをアップしてくれます。

 

今回は、着付け教室に通う前にうなじや脇毛のムダ毛を処理すべきかについて解説しました。 浴衣や着物を美しく着こなすのであれば、やはり気になるムダ毛は事前に処理しておくと安心です。 首を細く見せ、さらに肌の白さをアップできるなど多くのメリットがあります。

サイト内検索
着付け教室コラム