全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付けの出来を評価するチェックポイント

着付けの出来を評価するチェックポイント

着付けはなかなか奥が深い技能です。
実際に着付けをした後に自分の着付けがしっかりと出来ているのか気になることもあるでしょう。
一体、着付けがしっかり出来ているのか確かめたい際にはどのような点に着目したら良いのでしょうか。
ここではそんなポイントをまとめてみましたので、着付けをする際には参考にしてみてください。

 

着付けの出来を確かめてみよう

着付けの出来を確かめることは意外と簡単です。
①まず、自分で自分の着付けをする際には「動きにくくないか」どうか確かめてみましょう。
いくらしっかり結べていても日常動作に支障を与えるような着付けではいけません。
着付けをしたら少し歩いてみて違和感がないかどうかチェックしておきましょう。

着付けの固さもポイントです。
いくら動き易くともあまりにもゆるい着付けではちょっとしたことで解けてしまします。
着付けをした後には帯と着物の間に指が入るか入らないかくらいのきつさだとちょうど良いでしょう。
こうした最適なきつさは体型によっても変わってきますからいろいろと試してみることもおすすめです。

③着付けが型どおりにできているかも確かめておきましょう。
着付けは必ずしも教科書通りにする必要性はありませんが、最初のうちはやはり型どおりにするのがおすすめです。
慣れてきたら少し工夫するのも良いでしょう。
大事なのは自分が思い描いていた着付けになっているかどうかです。

着付け後にシワができていないかも欠かさずに確かめておきたいところ。
もしもシワになってしまっていると見た目にも良くありません。
シワができているということは着付けが間違っているか間違った姿勢で着付けをしている可能性かのどちらかです。
シワができているようならば着付けをしなおしてみると良いでしょう。

〇自分では確認しにくいような場合
・こうしたポイントを確かめるためにも対面鏡などを購入しておくとよりよいでしょう。
こうした投資は着付けには欠かせないものです。
対面鏡などがあれば確認もでき、より着付けもしやすくなってきて着付けをするのが楽しくなってくるはずです。

・着付けを他の人に見てもらうこともおすすめです。
自分ではどうしても確かめにくいこともありますから、困ったら他の人に着付けの出来について感想を聞いてみると良いでしょう。
人に聞いてみることで着付けがどのくらい良く出来ているのかもよりわかってきます。

〇時間には余裕を
・このように、着付けの出来を確かめることはそこまで難しくありません。
こうしたチェックポイントは着付けが終わってから確認するだけでなく着付けをしている最中にも逐一チェックしておくとよりよいでしょう。
確認ポイントは実に多いですから、着付けをする際には着付けを確かめる時間も考慮しておくのがおすすめです。

・また、より着付けが上達したいならば着付けの成果をノートにまとめてみると良いでしょう。
着付けする毎に録画するというのもおすすめです。
こうすることで目に見えて上達結果もわかってより着付けを学ぶ意欲も湧いてくるはずです。

 

着付けを学ぶ際につまずきやすいこととは

着付けを実際に学ぶ際には理解しておきたいこともあります。
①まず、着付けは決して簡単な技能ではないことは理解しておきましょう。
着付けは一朝一夕で学べるものではなく、ある程度時間をかけて学んでいく必要性があります。
このため、着付けを学ぶ際には時間の余裕を持って学んでいくことが大事です。

②他にも、着付けをマスターするには着付けの回数をこなすことも必要です。
着付けを一度しただけで身につけられるなんて人はいません。
着付けを数回こなしてやっとやり方がつかめてくるものです。
本当に自分のものにするには何十回もして手元が見ないでも済むくらいに習熟しておく必要性があります。
このくらい習熟できたら自分なりの工夫を加えて見るというのも良いでしょう。
逆にあまり着付けに慣れていないのにアレンジを加えようとすると失敗してしまうこともあるので気をつけておきましょう。

③着付けを学ぶ際には他にも手がうまく背中に回らなくて苦戦することもあります。
なかなか手が回らないと着付けにも時間がかかってしまいます。
このため、着付けをする際には準備体操をすると良いこともあるのです。

④着付けは一定期間しないとすぐに忘れてしまう技能であることもポイントです。
そのため、着付けは定期的にするようにすることが大事です。
このためにも、機会がある際に着付けを積極的にしてみると良いでしょう。

〇まとめ
このように着付けを学ぶ際には気をつけておきたい事が多いものです。
着付けもすぐに学べるものではありませんから気長に学んでいくのが良いでしょう。
着付けを好きになればより着付けも上手になってきますから、着付けを積極的に好きになってみるということも学ぶ際にはおすすめできます。

こうしたポイントを参考にして是非とも着付けを誰にも負けないくらい上手になってみてください。

サイト内検索
着付け教室ランキング
いち利
装道礼法きもの学院
青山きもの学院
京都きもの学院
長沼静きもの学院
日本民族衣装振興協会
ハクビ京都きもの学院
和のライフサポートショップ いち瑠
NPO法人 日本文化普及協会
日本和装