全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

チケット制の着付け教室なら通いやすい!

着付け教室の料金は、主に2つの種類があります。

月謝制もしくはチケット制です。

後者は複数枚のチケットを買い、教室で学ぶ度にチケットを使う方式になります。

月謝制と異なり、自分の都合の良い日に教室に通えるメリットがあります。

通いやすさを重視するなら、月謝制よりはチケットの方がおすすめです。

 

受講しなければ消費されないメリットがあるチケット

月謝制は、学習塾のようなシステムになります。

学習塾には、数ヶ月や1年以上は通い続ける事になります。

毎月1回は月謝を支払っていき、塾に通い続ける訳です。

多くの着付けの教室では、この月謝のシステムを採用しています。

月謝ですから、もちろん毎月1回のペースで料金を支払い続ける訳ですが、それにはデメリットがあります。

料金が無駄になってしまう可能性です。

例えば何か事情があって、教室に通うのが難しい日があるとします。

お勤め先で残業になってしまった時や、家庭の事情などにより、たまに教室に通うのが難しくなるケースもあります。

その場合でも、月謝は支払う事になる訳です。

たとえ教室に1日通わなかったとしても、あくまでも月謝は徴収されてしまいます。

休んでしまうと、1回分の料金が無駄になってしまうのは、月謝制のデメリットの1つです。

チケット制の場合は、5回分や8回分などをまとめて買って、教室で受講する度にチケットを渡すシステムです。

つまり教室に行かない限りは、チケットが消費されてしまう事はありません。

上述の残業などの用事で教室に行かなくても、チケット自体は消費されませんから、料金が無駄になってしまう事もありません。

それは、チケット制のメリットの1つです。

 

チケットのデメリットと自由な日に学べるメリット

ただしチケットには注意点もあり、有効期限までに、チケットを使う必要があります。

 

有効期限が過ぎてしまうと当然使用できませんので、チケットの買い過ぎは要注意です。

ちなみに月謝制には、特に有効期限はありません。

ですから「有効期限がある」のは、ある意味チケット制のデメリットの1つではあります。

また月謝制と違って、チケットは料金が若干高めになる事も多いです。

それを考慮しても、チケット制は非常に便利です。

確かに有効期限はあるものの、好きな日時に通う事ができます。

あくまでも自分の都合に合わせて、教室に通える訳です。

月謝制の場合は、そうではありません。

教室で学ぶ日程が決まっていますので、好きな日に通うのは困難です。

チケット制の方が、自由度が高くなっている訳です。

本人が希望すれば、短期集中で学ぶ事もできます。

例えば夏季休暇で、お盆のシーズンに集中的に着付けを学びたい時などは、チケット制は便利です。

お盆休みに集中的に教室に行って、着付けを学ぶ事も可能だからです。

デメリットはあるものの、チケット制なら柔軟な日程で学べるメリットもある訳です。

 

月謝制と違って学ぶ時間帯を選べる

日程だけではなく時間帯のメリットもあります。

チケットの方式を採用している教室は、しばしばフリータイム制になっています。

学ぶ時間帯は、比較的自由に選べる訳です。

ですから例えば、ある日は14時頃に教室で学んだとします。

さらに別の日には、16時や18時などの時間帯に学ぶ事も可能です。

日替わりで、時間帯を変更できる訳です。

月謝制の場合は、学ぶ時間帯は原則固定されてしまいます。

「毎週必ず16時」という月謝制の教室の場合は、必ず16時に行かなければなりません。

しかし、家庭の事情や残業などの理由により、必ずしもその時間帯に行けるとは限りません。

行く事ができなければ、もちろん料金は無駄になってしまいます。

ところがチケット制はフリータイムになりますから、状況に応じて時間帯を選べる訳です。

好きな時間帯に学べるのも、チケット制のメリットの1つです。

 

つまり月謝制と異なり、チケット制は教室に行く日や時間を選べる訳です。

月謝制のように日時が固定されてしまうと、何か急用があった時には少々困ります。

それに対してチケット制の場合は、自分の都合に合わせて教室に通う事ができます。

チケット制の方が、自由度が高い訳です。

ですから通いやすい教室で学びたい時は、チケットがある教室がおすすめです。

サイト内検索