全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

押し売りなしの着付け教室

押し売りなしの着付け教室

着付け教室には行ってみたいけれど、押し売りをされるのではないかという不安がある方がいるでしょう。
でも最近はそうでもないという口コミも増えています。
その理由はそんなことをしていたら着付け教室自体が存続しないからです。
でも本当に押し売りなしなのでしょうか。
そこで着付け教室を選ぶ際のポイントについてご紹介します。
実際に選ぶときの目安になりますので是非参考にしてみてください。

 

着物教室で使われている特殊な器具などの使用を強制しない

お茶やお花にも流派があるように、着付けにも着付け教室や着物学院によっては独自の着方があります。
つまり着付けの方法は必ずしも1通りとは限らないということです。

着付けと一口にいってもきれいに着物が着られることがまずは目標です。
着物教室や着付け教室で学んだとしても、その技術は多くの人から支持されている形で、多少差があるのは仕方ないことなのかもしれません。

 

○強制購入に注意

しかし、もし着付けの先生が自分の着付け教室には特定の器具がないと学べないという言い方をしてきたらどうでしょうか。
そしてそのような器具を生徒に買わせる、強制的に購入させる仕組みを持っているとしたらそこは注意しないといけません。

もちろん嫌だといえる方なら問題ありませんが、言えない場合は不愉快な気持ちになるだけでなく、不要な出費が発生することになります。
そして続かなくなるという悪循環になります。
どうしてそのようなことを大袈裟にお伝えしたのかというと、現在の着物の着付けには様々な小物類が市販されているからです。
これは便利に着ることができる小物類です。
一般的には市販されているものなら、きれいに着物を着ることが可能になっています。

しかし何か特殊な器具がないと着られないということは着物でもありません。
着付け教室では教室独自の器具の強制や押し売りは絶対受けないようにしておきましょう。

まずありえないということを理解しておいてください。

 

最近では強引な勧誘や強制販売はむしろ減っている

少し前まで着付け教室の一部では過剰な接客や販売を行うところがありました。
実は最近では口コミサイトなどが増えたために、このような強引な方法はむしろ少なくなっているはずです。
また消費者センターや国民生活センターに高額な着物を買わされたという生徒も多くなったということで、注意喚起されることが多くなりました。

このような方法で相手の気持ちを考えずに勧誘や販売がされるようなら、押し売りや強制販売となってしまいます。
着付け教室を選ぶときには押し売りや強制販売がないということも大切です。
しかしどうやって見極めればよいのでしょうか。
まさにこれはこの記事の肝になるわけですが、多くの人が似たようなことを言っています。

・授業料が安い
・場所が近かった
・ワンコインで何回か通った後入会を迫られた

こうしたトラブルに巻き込まれないためには安易に決めるのではなく、インターネットを利用して着付け教室の評判や口コミなどを事前に確認することが大切です。
そして着付け教室によっては先生のプロフィールや着こなし方に対する姿勢やセンスがわかるウェブサイトも用意されています。
そのような情報も参考にしながら、押し売りなしの着付け教室を探してください。

着物や帯の押し売り・強制販売がいまだにある!

国民生活センターのウェブサイトには強引に帯を買わされた無料の着物着付け教室という相談事例がいまだに掲載されています。
少なくなったものの、いまだにこのような教室は存在するということです。
このようなトラブルが無料とうたっている教室に存在するということのようです。

例えば、

・缶詰状態にされて自由に帰れない

・バスで遠方の教室に連れていかれる(まさに誘拐ですね)

・複数のスタッフに囲まれて契約するまで返してもらえない

という例があるといわれています。

ただし最近ではこのような悪質な例はめっきり減ったといわれています。
それもそのはずで、そのような着付け教室はアッという間に悪評が広まってしまいます。
昔と違ってウェブサイトやSNSなどにより一瞬で拡散されてしまうので、できれば口コミサイトを複数みて評判を確認しておきましょう。

押し売りなしの着付け教室を選ぶには

最近はそのような着付け教室はかなり減ったはずです。
しかし中にはあるかもしれません。
その時にもう一つ確認したいのは、授業が振替制になっているかどうかということです。
自分の都合で授業が選べる、日にちが変えられるというのも一つのメリットです。

そして生徒の事情でカリキュラムを組める教室は途中で挫折することなく通い続けることを目標にしています。
当然生徒目線なら押し売りもあまりしないはずです。
大人数で授業を受けるようなスタイルの場合は、生徒個別のスケジュールを調整できない教室もあります。
そのためには事前に振替制あり、という教室を選ぶようにしましょう。
そして多忙でも続けたい方にはそのような教室が一番よいはずです。

 

○事前に必要な費用を確認しておく

最後に一つだけ当たり前のことをお伝えします。
それは事前に必要な費用のすべてがわかることです。
それは毎月の月謝、お免状習得の認定料、必要な小物類などの費用などすべてが明記されているということです。

予想外の出費や他に費用がないのかは事前に確認しておきましょう。