全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着物の衣替えには何か決まりがあるの?

着物の衣替えには何か決まりがあるの?

 

着物は見る人が見ればすぐわかるほど、日本の美しい四季を反映し、繊細な季節の移ろいを映し出したつくりや柄、模様となっています。
衣替えも人によっては毎月行うほどといわれているため、大まかな季節と柄について覚えておきましょう。

 

 

着物には昔から身につける季節がある

四季のある国ならではの風習として、平安時代から襲の色目という言葉があるほど、着物のコーディネートやファッションの季節感は大切にされてきました。
人によっては一見しても何がどう違うのかわからないという人もいますが、実は冬暖かく、夏涼しいように工夫されている洗練されたファッションです。
東京や京都を中心にした風習となっているため、北海道や九州・沖縄の場合には多少季節が前後するでしょう。

〇大まかなポイント
6月から9月の末までは透ける素材を使った着物を身に着けることが一般的とされています。
基本的に10月から5月の末までは、袷(あわせ)と呼ばれる裏地のある着物を身に着けることが一般的です。
袷は裏地がついているため、夏の暑い時期に身につけると暑くて汗ジミができてしまうという、物理的な事情も衣替えの一因といえるでしょう。
なお、最近出てきたカジュアルな綿・デニム・ウールといった着物も、10月はじめから5月末まで身に着けることが一般的といえます。
対して、6月と9月は単衣(ひとえ)と呼ばれる、裏地のない薄手の着物を身に着けることが一般的です。
木綿のような素材を使うことが一般的ですが、綸子やちりめんと呼ばれる素材を身につける人も少なくありません。
更に暑い季節となる7月・8月は薄物(うすもの)と呼ばれる、薄くて透けやすい素材を使ったものを身につけることが多いといいます。
絽や紗、麻を身につけることが多いといわれ、長襦袢との組み合わせによってより涼しさを増すコーディネートとなっていることが大半です。

 

帯や長襦袢にも身につける季節はある

着物だけが衣替えをするわけではありません。
帯や長襦袢も衣替えをするアイテムとされています。
10月から5月末までの間は九寸帯・八寸帯の中でも透けていないものを使う傾向が強いです。
対して6月から9月は九寸帯の中でも透け感のあるものを使うことで、夏の暑さをしのぐ傾向があります。

夏帯とは
冬に使用する帯とは織り方や素材が大きく異なり、風が通りやすい織り方や素材を使っているのが特徴です。
絽や紗、麻を使用することが多いといわれています。
どれも風通しがよく夏に身に着けていても熱さを感じない生地です。
織り方によって縞模様や格子模様のように見えているのも特徴のひとつといえるでしょう。

また、羅と呼ばれる7月、8月に使うとよい帯は、幾何学模様で荒く見える素材で、夏帯ならではの特徴といわれています。
ただし、一年中使える帯として、博多帯や平幅帯を使う人も少なくありません。
正式の場では九寸帯や八寸帯を使う傾向が強いといえるでしょう。

長襦袢に対しては、10月から5月末までは透け感のない袷用のものを使い、6月と9月は単衣用といわれる薄手のもの6月から9月の末までは透け感のある絽や麻の長襦袢を使うことが多いです。
なお、合成繊維、ポリエステルの場合には通気性が麻や綿に劣るため、冬用の長襦袢として使うと暖かさを感じられていいでしょう。
なお、長襦袢の下に着る半襦袢や肌襦袢は、季節に関係ないといわれています。

 

衣替えは普段できないことをやろう

衣替えには通常なかなか洗えなかった着物や帯、長襦袢を洗えるものは洗い、クリーニングに出せるものは出すことが大切です。
長い間使用していて、普段どんなにお手入れをしたとしても、汚れがついていることは少なくありません。
そのため、汚れを落とすために必要な措置をとることが、衣替えにおいて重要となります。
洗濯機で洗えるものは洗濯し、クリーニングに出す時には、着物を専門で取り扱っているクリーニング店に出しましょう。
衣替えは季節に応じて着物を長持ちさせるために冬用のものを初夏に手入れし、夏用のものを秋に手入れすることもひとつのポイントです。
最近ではクリーニング店で保管してくれるサービスもあるため、上手に保管できる自信がない場合には、着るときが来るまでクリーニング店に任せましょう。

〇和装専門のクリーニング店の特徴
ただし、和服だけを専門的に取り扱っているクリーニング店でなければ、クリーニングに出すことは避けてください。
和服を専門に取り扱っているクリーニング店でなければ、素材を上手に生かしてきれいにできないからです。
クリーニングに出す前に、着物や帯、長襦袢のほつれや虫食い、痛みがないか確認することが重要です。
1枚1枚丁寧にチェックし、クリーニングに出す・洗濯する・手洗いするといった行動を実践しましょう。

〇まとめ
着物は季節によって素材や織り方まで大きく異なります。
ちょっとした工夫が季節を過ごしやすくすることにつながっているため、奥が深い分野といえるでしょう。
季節ごとに着るものを変えることで汗疹や湿疹が出ることを防いだり、着物の寿命を縮めることを避けられます。