全国で通える評判のいい着付け教室を比較ランキング形式で徹底紹介

着付け師になるのに必要な資格とは

着付け師になるのに必要な資格とは

着物と同様に着付けもかなり奥が深いもので、学べば学ぶほどにもっと着付けについて知りたいと思うものです。
着付けも色々な方法があり、それぞれで見栄えから着付けの手間まで変わってきます。
人によっては着付け教室に通った後に着付け教室の講師や着付け師を目指すという人もいますが、こうした際にはどのような資格が求められてくるのでしょうか。
また、資格はどのようにすれば取得できるのでしょうか。
ここでは着付けに興味があるという人に知ってもらいたいポイントを解説していきましょう。

 

着付け師になるためには?

着付け師は着付けを専門とする職業です。
着付け師はお店に訪れた人に着付けをしてあげる他、着付け指導をすることもあります。
着付け師は技能一つでできることから自宅で何か始めたいという場合にもうってつけの仕事の一つかもしれません。
着付け師は醍醐味も多い仕事です。
着物に日常的に触れられますから、着付けが好きな人にはうってつけでしょう。
着付けをしてあげることで人の役に立っているという実感も湧いてきます。

○資格
こうした着付け師になるためには資格も必要となってきます。
これは全日本着付け技能センターが認定を行っている資格であり、

・2級着付け技能士

・1級着付け技能士

に分かれます。
着付け師の多くが着付け技能士を取得していますが、この着付け技能士資格があればどこでも着付け技能士として安心して働いていけます。
着付け技能士資格は着付け関連の資格の中でも最も格式が高い資格の一つであり、着付け講師として働く場合にも取得する人が多い資格になっています。

着付け技能士の取得には経験が必要

○経験

とはいえ、着付け技能士を取得するには経験も必要です。
着付け技能士の資格試験を受けるには実務経験が最低でも数年はないといけません。
具体的には、

・2級だと2年以上

・1級になると5年以上

の経験が求められます。

 

○資格試験
資格試験も筆記試験及び技能試験があります。
どちらも簡単ではないですから準備もかなり必要になってくるのです。
このように着付け技能士資格は取得も難しいですが、この着付け技能士資格が無いと着付け師として働けないということもありません。
例えば、鈴乃屋着物学院が認定している「着付け師」資格を取得するだけでも着付け師として雇ってもらうためには十分です。
この着付け師は独学でも取得可能であり、はじめに目指す目標としてはうってつけでしょう。

 

○着付け講師の資格
着付け師資格だけではなく着付け講師関連の資格もとっておくとより着付け師としての幅も広がってきます。
特にお店によっては着付け師としてだけでなく着付け講師としても働かないといけないところもあります。
こうした際にも着付け講師資格があると便利でしょう。
着付け講師資格は「きもの講師」資格などがありますが、更に知識を深めたい場合にもこうしたきもの講師資格は便利です。
着付け師関連の資格を全く取得せずに弟子入りして着付け師を目指すという人もいます。
こうしたルートもあることは知っておきましょう。

 

着付け師として働く!

最初から自宅などで開業するということもできますが、着付け師として働きたい際には最初はお店に務めることが一番おすすめです。
お店で働けば自然と知識も増えてきますし、常連客もできるなんてこともあります。
着付けもすればするほどに上達するものであり、

「着付けをマスターすることは一生かけてもできない」

と言われるくらいです。
そのため、着付け師になった後は精進を欠かさないようにすることも大事でしょう。
自分の得意分野を作ることも着付け師として成功するためには大事です。
例えば、「名古屋帯の着付けならば誰にも負けない」といったように自分ならではの強みを作っておくとお客もつきやすくなってきます。
着付けも日夜進歩していますから勉強を欠かさないことも大事です。

着付けも流行り・廃りがあるものであり、どのような着付けが求められているかを知っておくことも大事になってきます。
このように着付け講師として働くこともありですが、

一人前になるにはやはり数年以上はかかることは覚悟しておきましょう。

着付け師よりも着付け講師のほうがなりやすいということもあり、最初は着付け師としてではなく着付け講師としてはじめてみるという手もあります。
そもそも着付け師になるのが正しいかどうかということを自問自答してみるのも大事です。
和服の着付けをするのが楽しいからといって他の人に着付けをしてあげるのは全く違った経験です。
人によっては着付け師にあまり向かないという人もいます。
こうしたこともあり、着付け師を目指す前には自分について分析してみる事も欠かせません。
着付け師は決して給料も高くないということも知っておきましょう。
着付け師になりたい人は多いこともあり、地域によっては仕事が見つけにくいこともあります。
求人に関するこのような事情もありますので気軽に着付け師になるのは危険かもしれません。